2015年★金運カレンダー
毎日眺める風水開運画カレンダー
金運にまつわる開運日も記載されてます!家中どこに貼ってもOKです



<ブログ開設当初>
ローン430,000
ローン200,000
ローン130,000
ローン270,000
ローン120,000
合計:115万から
   ↓
ローンΓ僑伊借換え
5社完済し
<現在>残り13万円返済中!


★年会費無料でポイントも貯まる

加入するだけで2000円分ポイントget♪
公共料金の引き落としで自然に楽天ポイントが貯まります


★Get Money★登録無料

その名の通りお金が手に入る
ポイントサイト!チリも積もれば
借金返済できる(^u^)

 こつこつクリック(メモ)
ポイントサイトに登録しよう!
1つのサイトからは小額ですが
たくさん登録して
続けることがコツなんです

◆◆懸賞サイト◆◆
●モラタメ

モラタメで私も当たりました!
●フルーツメール

懸賞サイト。プリウス当たるかな♪
ポイントを貯めて現金にもできます

◆◆ポイントサイト◆◆
★げん玉

毎日3万円が当たるチャンスがあります

★ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
1ポイント1円もらえます
300pから換金できます

★予想ネット
予想ネット

千円分から換金できます!

★わくわくメール
WAK2MAIL

◆◆アンケートサイト◆◆
☆人気のマクロミル
マクロミルへ登録
500円から換金できます

☆アンケートでも貯まる!☆
ネットマイルでお得なマイル生活!

☆500pから交換可能です! 新規モニター登録
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別記事
ranking☆now


ニュージランドドル


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お金とのつきあい方を調べよう
本田健さんの「お金の話をやさしく伝える本」の中から、
紹介しています。今日は 第3弾!
   
   第1弾は→人がお金を欲しがる理由
   第2弾は→お金と感情について

どちらも必読!ご覧になってくださいね

バナー ←よかったらクリックお願いします♪
  
  皆さんのお財布も豊かになりますようにm(__)m



・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下本文より)

私あなたは、お金とどのようにつきあっていますか?
親友のように楽しくつきあっていますか?
それとも、いつもイライラさせられたり、
不安を感じたりしているでしょうか。

あまり意識してないかもしれませんが、
お金とのつきあい方には、その人特有のパターンがあります。
人とお金のつきあい方を8つのタイプに分類してみました。


各タイプの説明を読んで、
自分や身近な人がどのタイプに近いのか考えてみてください。


 ◆お金とのつきあい方8つのタイプ◆

 ?貯め込みタイプ

   貯金するのが大好きなタイプです。
   給料やボーナスをもらったら、すぐに定期預金にしてしまいます。
   増えていく通帳の数字を眺めるのが、何より楽しいからです。
   このタイプがお金をためるのは、将来が不安だからですが、
   不安の要因がなんなのかを突き詰めて考えないので、
   死ぬまでお金をため続ける人生を送りがちです。
       

 ?浪費家タイプ

   お金を持つとすぐに使ってしまうタイプです。
   給料日の帰りには、お店に直行して買い物をします。
   気前がよくて、人にプレゼントやごちそうすることが大好きです。
   このタイプは、イライラしたり不安になるとお金を使います。
   お金を使う瞬間はワクワクして、
   一瞬すべての問題を忘れられるからです。 

  
  
 ?稼ぎ中毒タイプ

   「どれだけ稼ぐか」を人生の最優先テーマにしているタイプです。
   お金を稼いでいるかどうかで、人の価値が決まると考えています
   そのため、人と会ったらすぐに
   「この人の年収は自分より上か下か」を判断していたりします。
   仕事中毒のために、家族や友人関係よりも、
   お金を稼ぐことばかりを優先すると、
   人生で大切な物を失ってしまいます。

    
 ?清貧タイプ

   お金は汚いものだと考え、
   できるだけ近づかないようにしようとするタイプです。
   お金持ちとは、何か裏で悪いことをしている人に
   違いないと信じています。
   そして、自分だけは清く正しく生きようと考えています。
   しかし、お金=悪だと考えているため、
   お金の力を活用することもできません。

   そのため、お金の影響力が強い現代社会では、
   思い通りに生きることが難しくなります。

   
 ?無関心タイプ

   まるで、世の中にお金が無いかのように生活しているタイプです。
   定期券で家と職場を往復し、
   お昼は自分で作った弁当を食べていけば、
   一日に一度もお金を使わずに済みます。
   ある意味、幸せなタイプといえますが、
   何かお金の問題が起こったとたん、
   今までの幸せは吹き飛んでしまったりします。


 ?心配屋タイプ

   お金のことを、いつも心配しているタイプです。
   手持ちのお金が少ない時は、このままで大丈夫なのかと心配し、
   お金がたくさん入ってくると、
   今度はそのお金をなくさないかと心配します。
   このタイプは、人生を信頼していないので、
   何か悪いことが起こるに違いないと考えています。


 ?ギャンブラータイプ

   ビジネスでもギャンブルでも、大きく勝負に出て
  「勝った」「負けた」と言って騒いでいるタイプです。
   本人は、お金をためるためにやっているつもりですが、
   人生の浮き沈みを体験することで、
   ジェットコースターに乗っているような
   躍動感を楽しんで生きているのです。

 ?幸せなタイプ

   このタイプは、幸せにお金とつきあっています。
   必ずしもお金持ちである必要はありません。
   お金に対して、イライラすることも無く、
   便利な道具として活用しています。

   お金と健康的につきあうことで、
   自分の人生を楽しんでいるタイプです。


 
どのタイプに当てはまりましたか?
通常は、どれか1つのタイプに当てはまるということは無く、
複数のタイプの複合で、その人のお金のパターンはできています。


夫婦や家族のお金のタイプを調べると、面白いことがわかってきます。
たとえば、
  旦那さんが「稼ぎ中毒タイプ」で、
  奥さんが「浪費家タイプ」な夫婦の場合、
旦那さんがどんなにお金を稼いでも、奥さんがどんどん使ってしまい、
手元にお金が残ることはありません。


二人のお金のタイプを知ることで、
少し冷静にこの問題を見ていくことができるようになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さん、いかがでしたか?

私は、浪費家無関心ミックスのような感じがします。

借金を始める前までは、本当にお金のことに無関心だったんですよね〜。
貯めることも無かったし、あれば使ってしまうという生活でした。

その延長で、借金をしはじめたとたんに
生活が大変になってしまって精神が疲弊しました。
それなのにお金の管理をしようとしなかったんですよね〜。


お金とのつきあい方を、健全にしていくための取り組み方も
載っていたので、また紹介したいと思います。


応援はげみになります★ ↓おねがいします     こちらもよかったら♪
  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ     人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
 
JUGEMテーマ:借金返済
| 「お金」について知ろう | 09:14 | comments(6) | trackbacks(0) |
お金と感情について
本田健さんの「お金の話をやさしく伝える本」の中から、
紹介します。
   
   前回の記事がまだの方はこちらもどうぞ
    →人がお金を欲しがる理由

バナー ←よかったらクリックお願いします♪
  
  
皆さんのお財布も豊かになりますようにm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下本文より)

私たちがお金を欲しがる理由を詳しく見ていくと、
感情のことを避けて通ることはできません。
普段はあまり意識してないかもしれませんが、
私たちはお金を使ったり稼いだりするときに、
さまざまなことを感じています。

そしてそれが私たちのお金とのつきあい方を決めています。
お金と感情の関係を知らずに、
お金と健康的につきあうことは難しいでしょう。

また、お金への感情は、
周囲の人のお金のつきあい方にも影響を受けます。
たとえば、両親がお金を使う時に、いつも不安を感じていたら、
子どももお金を使うことに不安を感じるようになります。
子どもがお金と健康的につきあえるようになるためにも、
両親が自分の持つお金への感情を意識することが不可欠なのです。


 ◆お金と感情◆

  主なお金への感情を見ていきましょう。
  あなたはお金を使う時、どんな感情が湧いてきますか?

 ?不安や恐れ

   買い物の時、何度も迷ったりレジでドキドキする人は、
   お金に不安を感じています。
   人生で失敗することに対する恐れが、
   お金を使う時にも現れるのです。

   人生に対する不安は、どれだけお金があっても無くなりません。
       

 ?イライラや怒り

   レジでムスッとした顔をしている人は、怒りを感じています。
   何かを買う喜びよりも、お金が減ることに対してイライラします。
   家族など、身近な人のお金の使い方にも同じように感じます。
   その本質は、人生が自分の思い通りに
   ならないことへの怒り
だったりします。

  
 ?ワクワクと興奮

   気がつくと買い物をしてしまう人は、
   お金を使うことにワクワク感を感じています。
   本当は、毎日の生活の中でワクワクできればよいのですが、
   人生で自分らしさを表現していないので、
   お金を使うことで退屈感を解消しようとしているのです。

    

 ?何も感じない

   買い物の時に、無表情になる人は、感情を抑えています。
   お金を通して感情を感じたくないので、
   できるだけ何も感じないようにするのです。

   すると、喜びも感じなくなるので、買い物の楽しみも味わえません。
   感情を切り離すと、人生の情熱も無くなってしまいます。

 ?静かな喜びと感謝

   幸せなお金持ちは、お金を使う時も受け取るときも、
   相手に対する感謝の気持ちでいっぱいになり、心は平安です。

   多くの人が、このような気持ちでお金に接することができたら、
   世の中は、もっと平安な場所になるでしょう。
   

お金に関する問題のほとんどは、このような感情がお金を通して
現れることで起こります。
そのため、一見、十分なお金があれば解決できるように思える問題も、
実際にはお金と関係ない場合が多いのです。

一見お金の問題に見えることも、
その背後にある感情を知ることで、
お金とは関係なく解決することができます。
その結果、問題をお金のせいにすることも無くなり、
お金ともよい関係が持てるのです。

あなたも、これまでに家族やパートナーとの間で起こった、
お金の問題を振り返ってみましょう。
そしてその問題の本質を見てください。

できたらパートナーや子どもと一緒に、
その時、お互いが感じていたことを正直に話し合ってみるのです。
すると、問題が解決するだけでなく、
家族のつながりも一気に深くなるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


う~ん、これは考えさせられる内容でした。

ついつい衝動買いしてしまう人は、
>毎日の生活の中でワクワクできればよいのですが、
  人生で自分らしさを表現していないので、
  お金を使うことで退屈感を解消しようとしている

ということだったんですね〜。

?ワクワクと興奮に関して、
お金が減ることばかり、不安でいっぱいでだった生活から
新月や満月のイベントを実践するようになって
毎日の生活の中でワクワクできること
を見つけて、ずいぶんお金のストレスが減った感覚があります。

  うん、やっぱり新月の願い事
  満月のお財布フリフリって、いいかも?!
  

私は、普段買い物する時、
お金を払って、お釣りやレシートを受け取るときは
必ずレジの人に「ありがとう」というように心がけています。


実は以前、本田健さんの本を読んでから
気をつけるようになったんですよね〜。

借金MAXのときは、それこそ?イライラや怒り
で、お金が減るのが惜しい〜(><)っていう
怒りでいっぱいな気持ちで、レジに立ってました。
本を読んで、それを反省し、
レジでお金を払う時の姿勢を変えようと努力してきたつもり。。。


それから…
>家族など、身近な人のお金の使い方にも同じように感じます。
そうそう、まさしくこのパターン!
夫のお金の使い方に、いつも怒っていました(-_-;)


このごろは気をつけてて、夫のお金の使い方に対して、
前ほど怒らなくなったんですけど、
改めて、今日この内容を読みなおして、
まだ心の中で「あ~あ、こんなもの買っちゃって」みたいに、
ダメ出ししてる時がある…。

  ああ、まだ反省が足りませんでした(><)

夫は浪費家では無く、彼なりに節約協力してくれてるのに…。
やりくりの厳しいときとか、
まだ時々、私のお金のストレスの八つ当たりにしてしまってました。
もっと?静かな喜びと感謝
を持って家族を見つめられるように、これからがんばります。


応援はげみになります★ おねがいします     こちらもよかったら♪
  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ     人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
 
JUGEMテーマ:借金返済
| 「お金」について知ろう | 13:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
人がお金を欲しがる理由
玄関の水ぶき してきましたヨ(^^)
なぜかというと、今日は新月だからです。

さて本田健さんの本の中から、紹介します。
  
  「お金の話をやさしく伝える本」

バナー ←よかったらクリックお願いします♪
  
  皆さんのお財布も豊かになりますようにm(__)m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下本文より)

なぜ人はお金を欲しがるのでしょうか?
普通の人は、お金さえあれば、今感じている人生の不安や問題が
すべて解決して、幸せな人生を送ることができると信じています。
しかしこれまでに、多くのお金持ちを見てきましたが、
彼らの多くも、お金を失う不安や人間関係のトラブルなど、
さまざまな問題を抱えていることが分かりました。
 
一方、それほどお金を稼いでいなくても、
幸せな人生を送っている人もいます。
人生の幸せは、
  「どれだけお金を稼ぐか」ではなく、
  「どれだけお金とうまくつきあっているか」によって
決まるのではないかということです。
そして、お金とうまくつきあうには、
ただお金を追いかけるのだけではなく、
私たちとお金の関係を深く見ていく必要があります。


 ◆人がお金を欲しがる5つの理由◆

  主な理由が5つあるようです。
  自分がどれに当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

 ?生活のため

   生きていくためにお金が必要なのは、
   現在の社会ではある意味真実です。
   しかし、「生活のため」に嫌いな仕事や自分らしくないことを
   しなければいけないというルールはありません。
   幸せなお金持ちは、
   自分の好きなことを仕事にして、お金を手にしています。
   そのお金の一部は、生活のためにもつかわれていますが、
   彼らは「生活のためにお金を稼がなければならない」
   という束縛感がないので、自由な毎日を送っています。     


 ?安心感を得るため

   急に病気になるとお金がかかります。
   また老後をゆっくり過ごすにも、ある程度のお金が必要です。
   私たちのほとんどは、贅沢な暮しをするというよりも、
   このような【もしも】に備えてお金が必要だと感じています。
   このような感覚は、お金持ちにもあります。
   どんなに資産を築いても、
   これで絶対安心ということはありえないからです。
   お金で安心を保障することはできない
   ということを知っておくだけでも、
   遠回りを避けることができるでしょう。


 ?尊敬・愛・友情を得るため

   テレビや雑誌で、お金持ちが特集されているのを見ると、
   お金持ちの方が偉くて人から尊敬されるように見えます。
   また人から愛や友情を得ようと、
   お金を使って高いプレゼントを買ったり、
   遊びにつきあったりする人もいます。
   しかし、お金を使って尊敬・愛・友情を得ようとすると、
   実際にそれが得られたとしても、自分の本当の姿が
   評価されたような感じがしないので、満足できないものです。
   そもそも、お金では得られない物を得ようとするところからは、
   矛盾が発生します。

 

 ?自由を得るため

   普通の人は、お金さえあれば嫌な仕事を辞めて、
   何でも好きなことをして暮らせると夢見ます。
   しかし事実は違うようです。
   起業した会社を売却し、若くして億万長者になった起業家の
   その後について聞いたことがあります。
   彼らの多くが、最初は世界を旅行したり、豪邸を買ったりして
   しばらく気楽な毎日を送るようですが、
   そのうちやりたいことが無くなり、
   中にはうつ病になる人もいるそうです。
   そしてほとんどの人が再び仕事を始めるそうです。
   お金があっても、自由を楽しめるわけではないことを示す
   一例だと思います。

 ?愛や感謝を表現するため

   人がお金を欲しがる理由の中には、
   もちろん美しい理由もあります。
   両親に感謝の気持ちを込めて、旅行をプレゼントするとか、
   子どもが楽しむ顔を見たくて、
   子どもが望む習い事に通わせたりすることは、
   お金を使った愛情表現の一つです。
   幸せなお金持ちは、このように自分や周りの人を喜ばせるために
   お金を使います。たとえお金が無くても、彼らは
   別の方法で愛や感謝を表現します。

   お金を使った表現は一つの選択肢にすぎないのです。



本来お金とは関係ない問題を、お金で解決しようとしても
うまくいきません。
お金に関する問題のほとんどは、
感情がお金を通して現れることで起こります。
そのため、一件十分なお金があれば解決できるように思える問題も、
実際にはお金と関係ない場合が多いのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「生活のためが100%!」なんて声が聞こえてきそうですが…(笑)

私の中には、「安心感を得るため」が著しく低いのに気付きました。
将来設計とか、思い切り欠けているその日暮らしだわ〜(><)

どうやら、お金に対する感情がキーポイントのようですね。

お金と感情については、
また次回紹介したいと思います。


応援はげみになります★ こちらも↓よろしくおねがいします
  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ     人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
 
JUGEMテーマ:貯金
| 「お金」について知ろう | 11:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
お給料いただきました^^
 
満月の記事が続いていたので書き忘れていましたが、
今月も無事に、お給料いただきました

今月も減ることなく入りました!
本当にありがたいことです。

  これも満月のお財布フリフリのおかげかしら…

  そういえば、フリフリするとき
  具体的に入ってほしい金額を言うようにしています。
  まだ、フリフリしてない方は まだ今晩でも
  満月のパワーは、届いていますのでやってみてくださいね。


でも、今月は2日も祝日があったので
来月はダウンするだろうなぁ〜(日給月給なので)

しかし、あまり「減る」かもしれないことに
意識をフォーカスするのはやめよう。

こういうときこそ、経済スケールをアップする口ぐせ
つぶやくのがいいんですよね!(ぜひ↑リンク読んでください)


   ★経済スケールをアップする黄金の言葉

     お金大好き
     お金っていいものだ
     私はお金と相性がいい
     もっとお金と仲良くしたい
     財は脳内で築かれる
     収入を増やして、どこまでも楽しもう
     お金に余裕のある暮らしはいいものだ
     素晴らしい人生を設計するのに、お金は必要なものだ


「自分を変える魔法の口ぐせ」の著者、佐藤富雄さんによると、
脳の自律神経系は、言葉にとても敏感に反応する
という特質をもっているそうなので、

  たとえば「もう年だ、若くない」と言っている人と
  「自分は若い」と言っている人を比べると、
  後者の方が断然若々しい心と体を保っているそうです。


  これは、「お金がある」と言っている人と
  「お金がない」と言う人の比較においても、
  そっくり同じことが起こるのだそうです。


自律神経系は、言葉を漏れなく読み取っているので
「資金繰りが苦しい」「貧乏だ」と頻繁に聞かされていると、
「自分にはお金がないんだな」と判断し、
実際にお金に困る状況を作り出してしまうのだとか…。



願いが叶いやすい満月に合わせて
経済スケールをアップする口ぐせをぜひ
つぶやいてみてくださいね。



  応援はげみになります★  こちらも↓よろしくおねがいします! こちらもね♪
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ        人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン


| 「お金」について知ろう | 21:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
「なんとかなるさ」でやりくりする
佐藤富雄さんの書籍を何回か紹介していますが、

「楽天思考の法則」というものがあるそうです。

この法則を何度も読み上げて、暗唱できるようになるまで繰り返し
一日に何回か唱えるようになると、思考習慣が変わってくるそうです。


その法則とは、

  1、人生の出来事は、いかなることでも自分にプラスになることだ

  2、自分の身におきることは、すべて自分で解決できることである

  3、自分に解決できないことは、自分には起きない

  4、問題の解決策は、思いがけないところにあるはずだ

  5、今はお手上げ状態でも、決してめげてはいけない




人には、「考え方のくせ」があるそうです。
自分では、どんなくせがあるのか自覚できている人は、
あまりいないそうです。
しかし、その考え方のくせが、人生に強い影響を及ぼしているのだと、
著者は言っています。


物事を肯定的に受け止め、楽天思考ができる人は、
逆境に置かれているときでさえ
「なんとかなるさ」と構え、
実際になんとか乗り切ってしまう力を発揮できるのだそうです。

  また、このような考え方ができるようになると、
  自分自身だけでなく、
  自分を取り巻く周囲の環境も
  よい方向に持っていく
ことができるようになるのだとか。



さらに素晴らしいのは、
楽天思考が身につくと
あるとき、ポーンとまるで天から啓示が降りてくるように
「ひらめき」が訪れるのだそうです。

これが、考えに考えを重ねたアイデアよりも
数段素晴らしい考えを導き出すというのです。

楽天的に考えられるようになると、
緊張状態からリラックスされた脳になっていくのだと思います。

  脳にはもともと、記憶のネットワークが くもの巣のように
  張り巡らされているのだそうです。

  この中の、一見無関係に思えるをつなぎ、
  総合的に物事を受け止め、
  裏に隠れている事情を見抜くことができるようになると、
  直感的に最善の結論が出せるようになる!



驚くことに、この「ひらめき」のちからは、特別な人ではなく
誰でも潜在的に持っているもので、
それを引き出すのが 「楽天思考の法則」だそうです。


これを声に出していうことを、習慣のようにしていけば、
誰でも、こういう思考回路を作ることができるようになる!
     という話でした。

     。。。。。。。。。。。。。。。。


そういえば5月、夫の給料が減ったとき、
「まあ、なんとかなるだろう」と思っていたら
不思議とやりくりできたのが、思い起こされました。


実は、私はこういった金銭的なダメージがあると
すぐにストレスになって、カリカリしてしまいます。
借金MAXの頃、やりくりのストレスで
   何度 壊れたことでしょう(笑)

いろんな不利な状況が起こるたびに
そのつど一喜一憂しているのは、
     どれだけエネルギーを消耗してしまうことか…。


この本を読んで、3つめの
  3、自分に解決できないことは、自分には起きない
「あぁこういう考え方、身に着けたいな~」
としみじみ思いました。


佐藤富雄さんは「口ぐせ博士」として有名です。
これは脳科学の研究に基づいているそうですが、
毎日 繰り返し口にするだけで、
長年積み重ねてきた思考習慣さえ変えられるなんて、
  なんともお得な話です^^(タダだし♪)


 

 応援はげみになります★  こちらも↓よろしくおねがいします
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ        人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン




紹介したのは、コチラの本です
| 「お金」について知ろう | 22:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
平均的な貯金額って?
最近この本を読みました。
独身OLさん向けなんですけどね(笑)
貯金初心者の私としては、非常に勉強になる本でした。


まだまだ借金60万残っていますが、
最近自分の意識が、
    借金よりも貯金 にシフトされつつあります。

借金地獄で、もがき苦しんでいたときには、
貯めることよりも、
毎月の返済を捻出することで精一杯でしたが
不思議なものですね…。。。

  あぁ、借金を始める4年半前に、こう意識があれば
  と思わず、つぶやいてしまうわ(´_`;)




この本の中に、『ほかの人はどれくらい貯蓄しているの?』
と言うコラムがありました。

       平均金額
  20代  120万
  30代  488万
  40代  622万

30代では、よ、よんひゃくはちじゅ〜はち万円?!

     ガーン 



でも、平均金額と言うのは、一部の高額貯金者が
かなり引っ張っているので
、実態よりも高い数値になるそうです。
そこで、改めて
ちょうど真ん中に来る人はいくらか?(中央値)を加えると


       平均金額   中央値    貯蓄をしてない割合
  20代  120万    35万円     31,9%
  30代  488万   130万円     28,8%
  40代  622万   130万円     34,2%

という結果だそうです。(平成20年調査)
それでも30代で、130万くらいはフツーなんですね。

  ああ、20代のころは、35万くらいは常にあったのに…
  といまさら後悔しても仕方ないんですけどね。(T_T)メソメソ


  「最低でも、年収の1割貯金をめやすに、
  毎年積み上げていく努力を忘れずに。。。」


とのことでした。



貯蓄してない3割のままの人生ではいけない!
お金をともかく貯めることにチャレンジしようっ
という気分になりました。


目標は言うまでもなく100万ですが、
まずは目先の10万を目標にしてみたいと思います。


借金返済中の人にとっては、今日は落ち込む記事ですが、
世の中の平均値をしって、奮起するきっかけになりますように…。
   お互い返済がんばりましょうー☆



JUGEMテーマ:借金返済
JUGEMテーマ:家庭



  応援はげみになります★  こちらも↓よろしくおねがいします! こちらもね♪
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ        人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
                              
 
| 「お金」について知ろう | 16:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
お金のステージ
評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,260
(2009-04-15)

「お金のステージを知ろう」の続きです。

    第1ステージについては、コチラ
    第2ステージについては、こちらをご覧になってくださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  第3ステージ:お金を活かす

   管理して学んだお金を、実際に活かす時期

   つまり実践での投資になります。
   運用もゞ縮K椣未燃擇靴
         学ぶためのアマチュア投資から
       長期や分散投資
         による揺るがない組み立てを
   意識するものまで際限はありません。



実際のところ、多くの人がいるのはどのステージでしょうか?

 第1ステージです

  自由自在にお金を扱える第3ステージにいる人が
  一番少ないのです。

なのに人は、憧れや夢だけで、はたまた勘違いをして
レベルの違うステージへと向かってしまうのです。
その多くは失敗と言わざる得ない結果となります。
自分のいるステージがわかっていないのですから、
当然ですね。

 抜け道マジックはないのです!

これからの貯金生活を順調にすすめるためにも、
常に『自分はどのステージだろうか』、
   『何をすべきなのか』を意識して下さい。

もしかするとその過程で、
お金を増やす刺激的なやり方と出逢うかもしれません。
それは今のあなたのステージでは、
適切な方法ではないかもしれません。
自分のステージを確認しながら、ぶれることなく進んでください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。以上本文より。。。。




私にとっては、まだまだ第3ステージというのは
別世界であります。

でも人間は「私は、このくらいの収入がせいいっぱいだ」
と思ってしまうと、
絶対にそれ以上のレベルには上げれないのだそうです。

だからまず、別世界だという意識から
変えていかないといけないんでしょうね。


皆さん、お金のステージがアップするよう
    がんばりましょうね〜(^з^)/



   応援はげみになります★  こちらも↓よろしくおねがいします
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ        人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
                              新しく登録しました

JUGEMテーマ:マネー
| 「お金」について知ろう | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
お金のステージ
評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,260
(2009-04-15)

「お金のステージを知ろう」の続きです。

  第2ステージ:お金を学ぶ
 
   第1ステージで管理できたお金を、今後どうするかを学ぶ段階です。

   この時点で、投資を実践しながら学ぶには、
   没頭しすぎて生活のバランスを欠いたり、
   高リスクで利益を追求するだけの投機にはまることもしばしばです。

   とは言え知識や情報が足りないと、進歩がありません。
   ですからまずは、
     お金に関する本を読んだり、セミナーに参加したり
   と時間をかけて掴んでいく時期ととらえるとよいでしょう。

   すぐに実践(投資)に走らないことが肝心です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



要は、お金を管理できるようになったら、
次はそのお金を「投資」などで運用するということです。

でもほとんど預貯金がないのに(←これがポイント)
安易に投資に走ってはいけない 
まずは先に学び、運用できる準備をしていくということが重要なようです。


  ↑ほとんど預貯金のない私(笑)、の場合
  投資どころではありませんが、
  お金に関する本を読むことにかけては、
  この1年半くらい、ずーっと続けています。

  お金についてのオススメの本、というカテゴリーもありますが、
    まだ数冊しか紹介し切れていません(´〜`;)すみませーん。
  同じ本を繰り返し読んでることも多いですが、
  ざっと50冊くらいは読んだかも???

  私はどちらかと言うと、ノウハウ系ではなく、
  お金の性質?というか、お金に対する意識に関する本が好きです。  
  こういう系統の本を何冊も読んでいると、
  お金には法則のようなものがあるのだと、うすうす感じるようになってきました。


  今せっせと返済に励んでいますが、
  お金は感情と密接していて、
        借金に向き合えないのも
        衝動買いに走ってしまうのも、

  感情をコントロールできないからだと言うことに、
               ようやく気づいたからだと思います。

  私にとっては、投資のための勉強と言うことよりも
  お金とうまくつきあえるようになるための勉強としての「読書」は、
  これからも続けていかなければと思っています。
  



    第3ステージ:お金を活かす、に続きます。


   応援はげみになります★  こちらも↓よろしくおねがいします
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ        人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
                              新しく登録しました



JUGEMテーマ:マネー
JUGEMテーマ:借金返済
| 「お金」について知ろう | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
お金のステージを知ろう
評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,260
(2009-04-15)

 
著者の横山さんの経験によると、

  『まず何よりも無駄な固定費のスリム化をすべき人や
  キャッシングなどで借金するような人が、
  投資関係の本を読みあさり、実際に挑戦してのめりこみ、
  成果に一喜一憂しているケースが多いのです
 
  でも、人はそれぞれにあった「お金ステージ」をこなさないと、
  必ず失敗します。』


とのことです。
お金のステージとは、以下の3つのステージになります。

  第1ステージ:お金を管理する
  第2ステージ:
お金を学ぶ
  第3ステージ:お金を活かす

3回に分けて、お金のステージについて少し勉強してみようと思います。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 第1ステージ★お金を管理する

  実生活に関わるお金をマネジメントしていく段階です。
  つまり、家計簿を使ってお金の流れを把握する、
      無駄な支出は抑える、
      無意味な借金はしない、
      貯金を少しずつ作っていく、
      目標を持つ

  お金と向き合って、コントロールができるようになるための
  最も大切な基礎の時期

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これが第1ステージです。
当たり前なことですが、大半の人が、この段階に当たるのだとか…。


  ははは…私も、家計簿をまったくつけてなくて、
  借金の総額も把握してなかった頃に
  ネットビジネスで一儲けしようと
  15万円ものセミナーに投資したりしたことがあります(><)

  笑い事でないか…(−_−;)




  しかし、当時にくらべれば
    ・家計簿を使ってお金の流れを把握する、
    ・無駄な支出は抑える、
    ・無意味な借金はしない、

  この3項目は、少しずつできるようになってきたので、
  多少成長しているのかも?


     ・貯金を少しずつ作っていく、
  「借金をしていても、貯金は少しある」と言う方も
  意外にいらっしゃいますね。
  我が家はぜんぜん…。ほぼゼロに近い(TT)
       この段階に早くいきたいです。
    



応援はげみになります★  新しく登録しました♪こちらも↓よろしくおねがいします
 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ       人気ブログランキングへ     blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:借金返済

| 「お金」について知ろう | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
3人に1人が借金している
評価:
横山 光昭
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,260
(2009-04-15)

この本に載っていましたが、

消費者金融を利用している人は、
国民1億2千万人中、就労人口と言える8000万人の4分の1に当たる
2300万人もいるのだそうです。

  約4分の1です。こんなにもいるんですね…
    消費者金融のCMが多いわけです。


しかもこれを、クレジットカードのキャッシングを入れると
3人の一人の割合になるようです。

  我が家も もれなくここにあてはまりますが…(T_T)トホホ




しかし日本には、資産100万ドル(日本円なら約1億円)以上の
富裕層が147万人いるといわれているそうです。

  一体そういうお金持ちは、どこに暮らしているのやら???

  147万人を、仮に 単純に120万人として
  総人口の100分の1の人は、巨額な資産を抱えているのか…


まあ、自分がその一人に入りたい!というのはおこがましいにしても、
「借金をしている 3分の1」からは、早く脱却したいなぁ〜。

     ねぇ、皆さん…


さて、FPの横山さんがおっしゃる目安として、
「月収の6〜12ヶ月分貯金はあったほうがいい」
とのことでした。

  突然のリストラ、不慮の事故、病気…など
  予期せぬ事態が起こった時に、貯金がないことによって、
  慌てたり、妥協したり、騙されたりしやすくなるそうです。

  こういう試練の時に、
  メンタル面の強さも当然重要ですが、それ以外に

  貯金があるか?ないか?
     
に人は左右されやすいとのこと。。。


適当につけたchokin100ママという名前ですが、
我が家の給料の約半年分(笑)  

早く名前通り貯金できるように、完済めざすぞ〜




 応援はげみになります★      こちらも↓よろしくおねがいします
  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ       人気ブログランキングへ       blogram投票ボタン
                              新しく登録しました

JUGEMテーマ:借金返済

JUGEMテーマ:マネー
| 「お金」について知ろう | 13:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>