2015年★金運カレンダー
毎日眺める風水開運画カレンダー
金運にまつわる開運日も記載されてます!家中どこに貼ってもOKです



<ブログ開設当初>
ローン430,000
ローン200,000
ローン130,000
ローン270,000
ローン120,000
合計:115万から
   ↓
ローンΓ僑伊借換え
5社完済し
<現在>残り13万円返済中!


★年会費無料でポイントも貯まる

加入するだけで2000円分ポイントget♪
公共料金の引き落としで自然に楽天ポイントが貯まります


★Get Money★登録無料

その名の通りお金が手に入る
ポイントサイト!チリも積もれば
借金返済できる(^u^)

 こつこつクリック(メモ)
ポイントサイトに登録しよう!
1つのサイトからは小額ですが
たくさん登録して
続けることがコツなんです

◆◆懸賞サイト◆◆
●モラタメ

モラタメで私も当たりました!
●フルーツメール

懸賞サイト。プリウス当たるかな♪
ポイントを貯めて現金にもできます

◆◆ポイントサイト◆◆
★げん玉

毎日3万円が当たるチャンスがあります

★ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
1ポイント1円もらえます
300pから換金できます

★予想ネット
予想ネット

千円分から換金できます!

★わくわくメール
WAK2MAIL

◆◆アンケートサイト◆◆
☆人気のマクロミル
マクロミルへ登録
500円から換金できます

☆アンケートでも貯まる!☆
ネットマイルでお得なマイル生活!

☆500pから交換可能です! 新規モニター登録
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別記事
ranking☆now


ニュージランドドル


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
はじめまして
私は、今3人の子育て中の専業主婦です。

4年前に作った約80万の借金が
いつのまにか増えてしまい、120万までになってしまいました。

この間も、何度も返済しようと思っていたのですが、
 そもそも年収の半分近くの借金…
月々の返済額が、収入の3分の1を超える状態になっていました。




生活費すらままならない中、
子供を預けて働くのも、保育料が高すぎて
それを払うお金もない…。

どうにかしなければと思いながらも、
なすすべもなく…
臨時にどうしてもお金が必要になるたび
ちょっとずつキャッシング

毎月の返済は、何とか最優先で支払い続けていますが、
返している額よりも、
困った時につい借りてしまう額が多くなり

こんなとこにまで来てしまいました。



それでもなんとか返済する道を探して、
ちょっとずつネットアフィリエイトをはじめました。

はじめた頃は入る額はわずかでしたが、
現在も地道に続けています。

それから、これまで曖昧にしていた返済額をキッチリ明確にして、
絶対返す!という固い決意で
このブログをはじめました。

公開することで無駄使いをなくし、
毎月ほんの少しでも減っていく喜びをかみしめながら
完済目指して書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  ちなみに、我が家の抱えている借金額も公表
       →2009年11月の状況

 
  借金生活の経緯は、このまま下スクロールで
  続きが読めるようになっています。
       
  ブログのシステム上、日付けがさかのぼっていますが
  この次の記事は→どん底の頃です。

  このブログをはじめる以前の、
  借金がMAXだった当時の赤裸々な話です。
  よかったら、おつきあいくださいね。
  
  
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへクリック応援よろしくお願いします


| はじめてご覧になる方へ | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
どん底の頃…
私の借金生活は、2005年のちょうど今頃からはじまりました。

ある意味、借金4周年を迎えたばかりです(笑)

この4年間、ときどき月遅れになることはあっても
ほぼ確実に返済額をまじめに払ってきた私…。

  よくがんばったね♪おめでとう

と思わず言いたくなりました


能天気な現実逃避ではなく、今日書きながら
本当に心からそう思ったのです。

そう言えるには、本当に辛かった時期があったから…。

幼い子供を育てながら、働くこともままならない状態で、
「明日 食べるお米がない!」
そうやって苦しむ日はよくありました。

でも不思議なことに、どうしようどうしよう〜って
 とりあえず今晩は麺類でごまかそうか…
なんて悩んでいると、ふと実家からお米が届いたりするんですよね。

かわいい孫を思って、なんとなく送りたくなるのでしょうね。

 ご先祖様のおかげかもしれない?
 ともかく、ありがたいことに違いありません!



もちろん、両親はこの借金の現状は知りません。
住まいもとても離れていて、1年に1回年末に帰省するのがやっとの距離。

親が近ければ、一緒に食事させてもらったり
極端なこと言えば、同居して家賃を節約することもできるのですが、
離れてるがゆえに、バレなくて助かる
…という面もあります。


何回も、ピンチのときに偶然助けられた経験があって、
なんだか「なんとかやっていける、大丈夫」
そんなふうにとらえられる日も増えてきたのです。

でも、毎月 返済日が近づくと
イライラがピークに達し、鬱状態になっていたのも事実です。


そういう波をいったりきたりしながら、
誰を恨むのでなく、自分自身の責任だと
謙虚に受け止められるのに、4年近くかかりました。



我が家の借金は、せいぜい100万ちょっと。
この額なら、自己破産するようなレベルではないんです。

これまでは「宝くじにでも当たれば…」なんていう
他力本願なところがありましたが、
ようやく自力返済するんだ!という思いで、
正面から向き合えるようになってきました。


返済額も、特に大きく減ったわけでもないのですが、
心の持ち方が変わると、毎月の返済は恐怖でなく、
減っていくことへの感謝と楽しみになりつつあるのが、
最近の私の大きな変化かもしれません。

きっと きっと いつか完済できるはずだ!自分を信じます。



  前向きに借金と向き合えるようになった経緯は→こちらから



JUGEMテーマ:借金返済

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いします
| はじめてご覧になる方へ | 00:30 | comments(11) | trackbacks(0) |
お金のストレス…
はじめての方は、どん底の頃…からお読みくださると嬉しいです。




以前は、借金に向き合えなくて、
支払日が近くなると、イライラ…
ものすごいストレスになっていて、
その反動で子供にあたったりすることもありました。

う~お金がない。よ〜しムカつくから、子供にイジワルしちゃえっ

なんて言うわけではありませんよ。(念のため)


  ただ、なぜか無性に腹が立ってくるんですよね

  そういう時は、
  子供がぐずぐずしたり、イタズラしたことを
  受け止める許容量が、ぐ〜んと下がってしまうのです



  たいしたことをしたわけじゃないのに、
  (たとえば、食事中に味噌汁のお椀を倒してしまったとか…)
  幼児だったら、あたりまえにする失敗に
  つい、ガミガミ怒鳴ってしまう。。。

  怒鳴る瞬間は、お金のストレスがあるせいだとは自覚できていない。
  1日が終わった後で、
  「どうして今日、こんなに怒ってしまったんだろう?」
  と、自問自答すると、

「支払いが近いのに、手持ちが無くなってしまうと 食費どうしよう…」
という不安で感情がコントロールできなくなっていた
と ハッと気づくのです。



これが一回こっきりの支払いなら、まだいいです。

問題は、毎月毎月繰り返されること…。

  そのたびにストレスが増大する悪循環。
  怒鳴るのも、だんだん習慣性になっていく。こわっ

そのくらい お金のストレスって、
精神を蝕んでいくんですよね




上に書いたのは、私がいちばんひどかった時期の様子です。
精神科とか、心療内科に通おうかと真剣に考えたのですが、
 そもそも病院に行くお金がなかったですから…。(涙)


  肉体的な暴力による虐待はしてませんが、
  言葉の暴力は、知らず知らずふるっていたかもしれません。

  そういう自分を心で責め、親としてふさわしくない…と
  すっかり自信を失っていました。
  この時期は「いっそ自殺してしまえば」
  という思う時さえあったんです。

  もちろん考えただけで、行動は起こさなかったけど
  生きていることが、とにかく苦痛な毎日。
  顔もひきつっていて、鏡を見るとビックリする時があったくらいです。


この時期は、夫が単身赴任になって
私一人で、二人の子を育てていました。


  かたや、夫はどういう人かというと、
  支払いが来るとかあまり関係なく、普段どおり。
  何も変わらないのです。

こういう人は、ただ黙々と
振込用紙が届くと何も思わずに払いに行けるんですよね

だから、支払いなど
お金に関することは、夫に任せられたらよかったのですが、
一緒に生活してないと、
やっぱり難しいものがありました。


  結局、家族一緒に暮らすこと
  これがいちばんだということが分かり、
  夫は単身赴任をやめることになり、結果的に転職
  (やっていた仕事自体も、本人にとってはあまり向いてないて
     業績が厳しかったこともありました)


  上司も事情をよくわかってくれていて、
  知り合いに、次の働き先を相談してくれたり、
  安いアパートを紹介してくれたりしました。


私たちが住んでいたK市では、仕事がなかったので、
夫はN市へ。(再び単身赴任)
でも、そちらに妻子を呼び寄せ一緒に暮らそう、ということになったんです。
引っ越し資金がないので、行くまでには何カ月かかかりましたが…

  
  ちょっとヘビーな内容を書いてしまってごめんなさい。
  (普段の記事は、明るい返済ブログです)

  当時のことを振り返るだけで、鬱に戻ることもしばしばでしたが、
  引っ越し、家族で暮らせるようになって、
  だんだん立ち直っていったので、今は書けるのです。


  コメントを下さった方が
  「明けない夜はない」とおっしゃっていましたが、
  本当に今はそう思います。
  だから現在、このような思いを抱いている人も
  「きっといつかよくなる」ことを信じて、がんばってほしいです。

     …この続きは こちらにあります。



JUGEMテーマ:借金返済

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ 人気ブログランキングへ クリック応援よろしくお願いします

| はじめてご覧になる方へ | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうやって引っ越し資金を手に入れたか
はじめての方は、どん底の頃…からお読みくださると嬉しいです。

当時は、お金のストレスで、
生きているのが辛いくらい追いつめられていました。

まずは、借金のまとめ借り換えをして、
月の返済を少し減らしたんです。


  うちの収入でも、50万借りれるローンがあったので、
  月2万払っていたローンから、2つ借り換え。

  合計7万近く払っていたのを、
  5万ちょっとに抑えることができました。

  おまとめローンは返済期間が長引くばかりで、
  本当はよくないのですが、

  給料をもらって、返済の振込を済ますと
  財布かカラッポ!!!という状態だったので、
  この当時は、しかたない選択でした。


さて、夫が新しく働くN 市に引っ越すには、
とうてい資金がなく、自力では無理なのは言うまでもありません。




  実家に頼るしかない…。

そう思っていた矢先、
夫の母から偶然「転職のすすめ」がありました。

実はまだ、職場を変わったことも話せてなかったので
タイミングがよくて助かりました。


義母は、前にしていた仕事は、どうも気に入らなかった様子で、
公務員の中途採用をすすめてきたのです。
(ちょうどそんなニュースを見たようでした)


少し話はそれますが、夫が転職したばかりの時
運よく社員寮に入れてもらっていました。
その寮に住んでいた方から
「7つの習慣」という本を借りました。


  インサイドアウト…自分が変われば相手が変わる


夫はとても感動したところ、
その人は「続編の第8の習慣を買ったから、その本は上げますよ。」
と言ってくれたそうです。


夫は、K市に帰省した折、私に読むように勧めました。


  私の物の考え方が、いつも人のせいにして
  自分で責任を取ろうとしない、
  非常に依存的な生き方をしているのだと、気づかされました。


  子育てにおいても、「できないこと」に意識を向けてばかりで、
  自分が「できること」影響を与えることに向けては
  なかなか意識が行かないことが問題なのだとも気づきました。


一朝一夕で変われるものではないけど、
その本に出ていた、さまざまなエピソードがすごく身近に感じられ、
とても心に残りました。


  まだ借金自体については、向き合って考えられない状態でしたが、
  夫との関係、子供との関係において
  少しずつ見方が変わっていったのは、大きな変化でした。






さて、実家の話に戻ります。


当時 120万の借金を抱えてることは隠していたので、
「いろいろ考えて、新しい仕事をみつけた」と答え、
ついでにダメもとで、
「引っ越し費用を貸して欲しい」とお願いの手紙を書きました。


両親も、収入が20万程度とはしっていたので、
ずっと単身赴任も、生活費がかさむし、
当時 下の子が1歳だったので、妻子がかわいそうだろうと同情してくれて、
すんなり出してもらえたんです!


  まさに奇跡的!インサイドアウトだ〜って感激しました。



引っ越し業者も、タウンページでとことん調べ、
5万くらいでやってくれる格安の個人のところを見つけたりし、
かかる費用は極力減らすことができました。


おかげで、以前の家賃から−9000円

部屋は一部屋せまくなりましたが、
引っ越し前に不用品をたくさん処分して
無事に、家族一緒に暮らせるようになったのです!



それで…私が借金に対し、前向きにつきあえるようになったかと言うと?

 実はまだまだ…。

 支払日近くなると、
 どうにもイライラしてくることには
変わりありませんでした




でも、イライラしてる気持ちを、夫に伝えられる環境になった分、
少しはマシになった部分もありました。
夫が仕事が休みの日は、子供ともよく遊んでくれ、
私が全部抱えないといけない負担は減りました。



しかし根本的に、お金との付き合い方を変えない以上
この問題は解決しないのだと、少しずつ気づき始めたのです。


   その続きは、コチラから…。



JUGEMテーマ:借金返済 



にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
  人気ブログランキングへ クリック応援よろしくお願いします


この本のおかげで、家族関係が変わっていったと思います
私の変化の第一ステップになった本。

評価:
スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版
¥ 2,039
(1996-12)

| はじめてご覧になる方へ | 13:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
家族で一緒に暮らせるようになってから
はじめての方は、こちらから読んでくださいね♪



無事に引っ越しでき、家族での暮らし…

実は、夫の手取りが減ってしまったんです。
  月収 18万

月の返済は、ローンの借り換えのおかげで減りましたが、
収入減はとても苦しかった。。。


  でも、家賃も以前より9000円安くなったし、
  単身赴任だったのが、夫と暮らせるようになり
  食費の負担も減ったんです。


新しい職場は、個人事業(飲食業)を営むご夫婦。
前の職場の上司が、無理を言って
その方にお願いして下さったんです。

ご主人が、家業以外にも仕事を持っておられて、
そちらが忙しく、奥さんが忙殺されていました。
それを助けるために、夫を雇ってくださったのです。

  自営業ですから、当然ボーナスはナシ

でも、人格的に非常に素晴らしいご夫婦で、
夫が前の仕事で業績があげれず辞めたことについても
 「仕事が、ミスマッチだったんじゃないか?」
と言ってくださいました。


それまでは、業績が出なくて怒られてばかりの夫だったので、
私はその一言を聞き、本当に救われました
夫も、このご夫婦と働くようになって、
    少しずつ自信を取り戻していったように思います。
家族ぐるみでとてもよくしてくださって、
お子さんたちは小学生で、うちの子より少し大きかったのですが
遊びに行くと本当によく可愛がってくれました。


収入的には、やりくり大変でしたけど
   ちょこちょこ差し入れを下さったり、
本当に親身になって、よくしてくださる方だったので、
このご夫婦に出会って、本当に癒されました。。。


  ある意味、お金以上に
  こういう期間が私たち家族には必要だったのかな。
  と今になって思います。




このご夫婦も、やっぱり自営ということで
実際には、人を雇うのは大きな負担でした。
さらに、故郷に持家があり、おばあちゃんがはるばる飛行機に乗って
孫の面倒を見に往復する生活をされていたので、
(飲食業なので、夜が遅くなってしまうので)
それも負担が大きくなり、

ご主人はN市での副業の方を退職されて、
故郷に帰って、家業をされることになったのです。


私たちは結局、1年半ほどお世話になりました。

短い期間ですが、本当に濃いお付き合いをさせていただきました。
  今でも、N市でのお得意さんがいるので、
  年に2回ほど、営業に来られます。
  その時に再会するのが、本当に嬉しいです。


この間に、私は妊娠→出産しました。
そういう出費もあって、
はっきりいって、借金はほとんど減らなかったのですが、

  人の出会いが、本当は財産なんだな

と強く感じる貴重な出会いでした。
自分たちも、友人にとってそういう存在になりたい
という目標もできました。
(が、実際にはそれほどの器もないのですが…笑)





話はそれますが、
この前『ザ・シークレット』の動画を紹介したのですが、
そういえば、これを見たのもこの時期でした。

本格的に、お金に対する考え方を改めるのに、
これもきっかけの一つになった気がします。

今日は長くなりましたので、
それについては …こちらからご覧になってくださいね。




   にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ  人気ブログランキングへ クリック応援よろしくお願いします


JUGEMテーマ:借金返済
| はじめてご覧になる方へ | 11:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
「ありがとう」を100回言う
はじめて御覧になる方はコチラからお読みください



この前『ザ・シークレット』の動画を紹介したのですが、 
リンクを貼ったついでに、
自分でも久しぶりに見てみました。


  よくできてる動画ですよね。「思考は現実化する」
  本編は見たことないですけど、
  これだけでもものすごいカルチャーショックだった記憶があります。

  ご覧になったことのない方は、
  20分くらいですが1度ぜひ!




そういえば3人目を妊娠中に、この動画に出会ったのですが
その1カ月ほど前に、友人が

 最近「ありがとう」を1日100回言うようにしている

という話を聞かせてくれました。

小林正観さんの「そわかの法則」という話なんですけど
その友人の上司が、その方の本を読んで
  1日1000回『ありがとう』を唱えている
というんです。

千回〜?!とびっくりして、
「それならせめて100回くらいは言えるよね」
という会話になって、一緒にはじめてみたんです。

そんな頃、偶然こういうサイトを発見しました
    宇宙を貫く「ありがとう」の法則   
今はそのサイト、閉鎖してしまってリンクが切れているのでゴメンナサイ。

この中の抜粋なのですけど、
小林正観さんのお話の一部を紹介します


  ある公演会場での話しです。
  末期がんと診断された人が、会場の前に出て
  「私は生き延びたいからありがとうの声をかけてほしい。」
  と全員に呼びかけました。

  そこで会場に集まった200人が1分間100回、
  その人に合計2万回のありがとうを浴びせました。
  ありがとうを言うみんなの目からは涙が溢れ、会場は何とも言えない
  暖かい雰囲気に包まれました。
  そして3日後の精密検査でその人の体からがん細胞が消えた、
  という報告がきました。


これを読んで、本当に感激したのです!
嘘かホントかって言う前に、事実なのですからね〜。

小林正観さんのおっしゃるには、
 「ありがとう」を唱えるとき、心をこめて言わなくてもいい
というのが、イイですね。
感情がこもってなくても
不思議な効果がある「言霊」っていうんでしょうか?

私たちが毎日発している言葉は、
どれだけ大きな影響を及ぼしているか
と、想像できますよね。



いや〜思い返してみれば、
借金生活のはじまったK市での暮らし。

  上の子がちょうど反抗期で、本当に苦労したんです。
  ついつい言葉がきつくなることが毎日でした。
  こんな暮らしを1年以上続けていて…

  いいことなんてあるわけないよな。



今の私は、自分が作ったんだ

と、とても反省しました。

借金の生活苦ゆえに、心も荒れていたけど、
「つらい、いやだ」と思い続けて暮らせば
ますますいやになるはずだと。




聞いた話によると、悪い言葉を言っても
「ありがとう」などの良い言葉をあとからたくさん言えば
打ち消す作用
があるみたいです。

  いちばんいいのは、悪い言葉を言わないことだけど
  なかなか感情をコントロールするのって
  難しい時もありますよね。

だから、子供を叱った日は
寝る前にたくさん「ありがとう」を呟いたりするようになりました。



意識して、声に出すようにしていると
だんだんいいことがあるんですよね。

  ちょっとした臨時収入とか、
  頂き物とか…




また抜粋しますが

  こういう実験があります。
  一升瓶に普通の心理状態で息を吹き込み、そこにハエを入れると
  40分位で窒息死します。
  ところが激怒した状態で同じ実験をすると中のハエは
  3分位で死んでしまいます。
  毒死です。
  人間が怒った時は自分で気づかないだけで毒気を吐いているのです。



  私と親しいある外科医の話ですが患者の家庭環境を分析した結果、
  怒鳴りあっている環境で生活している人と、
  穏やかな言葉が飛び交う家庭で生活している人とでは、
  明らかに前者のほうが病気になる確率が高いと
  いうことが分かったと言います。



そう言えば、借金生活スタートの頃 
体が本当に悪くて、朝も起きられない生活だったんですよね。

  怒鳴ってばかりの毎日…

幸いにも大きな病気はなかったけど、
顔はいつもひきつっていて、
自分でも鏡を見ると恐ろしい顔だってイヤになりました。
とても「健康的な奥さん」には見えませんでしたね。


友人から聞いた、この『ありがとう』の話は
以前書いた『7つの習慣』との出会いに次ぐ
大きな変化になった気がします。


ポジティブ・シンキング
というのは、長年生きてきた思考パターンがあるので
すぐにはできないんですよね。
また、無理に前向きになろうとしても
かえって反動で落ち込んだりする。

ただ感情がこもってなくても「ありがとう」と言うだけでよい
というのは、私には本当に簡単で助かりました。


1カ月ほど、毎日100回唱えていました。


借金に対しては、まだまだ直視できる状態ではなかったです。
少しずつ自分が変わり始めている
実感が少しずつありました。

  まだまだ続く…その続きはこちら から



   にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ  人気ブログランキングへ クリック応援よろしくお願いします

PR:FXは一万円から始められる!


JUGEMテーマ:借金返済

この本、とてもよかったです。
素直に良い言葉を使いたくなりました。
| はじめてご覧になる方へ | 09:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
貧しさを引き寄せている
  『借金に対する心の変化』のカテゴリーの続きです。
  はじめて御覧になる方は、こちらから読んでくださいね



ありがとうを100回唱えるようになってから、(←前回の内容です)
約1カ月後
「ザ・シークレット」の動画に出会いました。

 思考が現実を作る
 言葉が未来を作る

普段の生活に「貧乏マインド」がいっぱいなんだと
つくづく思い知ったのです


自分の使う言葉の習慣が
あきらかに、不平・不満ばかりだとは気付いていました。

心のどこかでは
「もっと感謝する生活しないと…」と思っていても、
それがなかなか止められない。
つい否定的な言葉を口走ってしまう…。

こういう自分に嫌気がさし、どうしたら変えられるか?
 貧乏な現状も変えたかったけど、
 それ以上に、自分を変えたくて切実でした。



それで「よかった探しをするようになりました。

 日常のどんなありふれたことでもいいんです。
 自分にとって、ほんのちょっとでも「よかった」と思えることを
 毎日記録するようにしました。

 たとえば「今日は晴れて気持ち良かった」
      「布団が干せた」
      「夕食を、美味しく作れた」
 なんていう、ささいなことです。


 数はいくつでもよくて、
 どんなに落ち込む冴えない日だって
 1個くらいは見つかるものなんです。

 実はこれまで自分が意識できてなかっただけ…。



 よかったことを、言語化すると
 「何もなく普通な一日だと思ったけど、案外いいことあったんだな」
 と気づくようになります。

 ポイントは、「よくなかったことは書かない」
 ということ。

 つまらないことを思い出して、
 不愉快な気持ちを繰り返す必要はないし、
 反省することもない。


 イヤなことは、スル〜。
 「良かったこと限定の箇条書き日記」
 とでもいうのでしょうか。

 頭で漠然と「これがよかったな」と思うよりも
 文字に残すことが、効果が大きいんです!

 「書く」という行為で強化されるし、
 後から振り返って、見た時も幸せな気分になれます。

 紙の日記や手帳でも、
 SNSの日記でもいいと思います。

 ツイッターで、よかった探し日記
 
なんていうのもいいかもしれないですね。


 


 人間は、恵まれたこと・与えられたことよりも
 足りなかったこと、不愉快なこと、悲しいこと方が
 意識しやすくできているそうです。

   それは原始時代、
   狩猟がうまくいかずひもじいまま過ごせば
   命の危険に脅かされるというリスクと隣り合わせで生きてきた
   名残りのようなもの…。

   過酷な自然の中で人類は、
   大変さを克服して、生き延びなければならなかったから、

   「あ、今日も獲物が捕まえられなかったけど
      まぁ、いっか〜」
   なんという呑気な意識では済まされなかった!
   不快な状態から脱出するために、
   それがより強く意識されるように作られているそうです。
   

   なんか、そういう話を本かメルマガで聞いたことがあります。

 

 だから人間は自然と、
 マイナスのほうにアンテナが向くようになっている。

 でも現代は、その当時よりうんと豊かな環境に変わりました。
 だから、私たちの意識を意図的に
 書き換える努力が必要
になるんだそうです。

 かつて、「シークレット」を見つけた偉人たちは
 そのことにいち早く気づいたから、成功したのでしょうね。

 
 まぁ、この解説?は私が納得したからで、
 「よかった探し」の理由に使うようになっただけなので、
 真実かどうか…というのはおいといて、

 ともかく、これをコツコツ2カ月くらい続けたでしょうか?


すると、普段から「良いこと」のほうに
より意識が向きやすくなってきたんですね。

ちょっとした喜びも、家族に話して大げさに喜んだり。
『分かち合う』というのは、倍増するメリットがあります



そういう意識に少しずつ変わって、
私は3人目の出産の時を迎えていきます。

    その続きはコチラ…です。



 にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ  人気ブログランキングへ ←クリック応援よろしくお願いします



JUGEMテーマ:借金返済
| はじめてご覧になる方へ | 13:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
読書のススメ
  はじめてお読みになる方は、
  こちらからさかのぼって読んでくださると嬉しいですm(__)m



私は、今
ほぼ週3〜4冊のペースで本を読んでいます。

読んでる本は、別に難しいものばかりではなく
  家事など主婦向けのものから
  育児関係もありますが、
  多いのは 自己啓発っぽい本など…

実はこの習慣、2009年からはじめたことなんです。
そろそろ1年になりますね。

   子供のころから読書好きだったわけではなく、
   どちらかというと、
   読書感想文の課題のたびに困るタイプだったんです(笑)

でも前々から、「読まないといけないな〜」と
何かせかされる思いがありました。


でも現実には、子育てに忙しいし…

という気持ちで億劫になっていました。
しかしどうして、それほど乱読することになったのかというと…

    (長文ですが、読んでくださいね)


    ↓       ↓       ↓



実は、3人目の出産前に夫が転職し、
新しく仕事が決まるまでの間
2カ月くらい収入がなかったんですよね(T_T)

すでにこの段階で100万の借金を抱えていました。
  結局キャッシングに頼るしかなくて…

  
義母は借金のことは知りませんでしたが
休職中だというのは知っていたので
心配して、出産のために35万円貸して下さったんです。
出産一時金が出たらお返しするということで…。


で、産後 義母がお手伝いに3週間ほど来て下さり、
帰られる直前に、
  たぶん収入がなかった頃、
  借金してるに違いないと思われたのでしょう…

結局そのお金は、
「返さなくていい」と言ってくださったんですよね。



夫は、それで「すでに積もり積もった借金の一部返済に回そう」
といったのですが、

私は右から左にお金が消えてしまうのがどうしても寂しくて…

それを元手に投資しよう!

なんて思ったんですよね(^〜^;)


もちろん生活費に少しずつ消えていたので
まるまる35万手元に残ってたんではないです。


何とか夫を説得し、2008年の年末に、
15万ほどを投資してセミナーに参加し、
ネットのサイドビジネスをはじめようと!


  人生で、それほどの額の先行投資
  初めてだったかもしれません。。。

  夫の収入だけでは、
  今の借金をなくすのには「先が見えない」という感じだったのもあったし、
  ここで副収入で稼いで、一気に返済しよう!
  清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。

  (実際にはPCの知識も必要だったので、
   セミナーには夫に参加してもらったんですけど)

  で、今ウハウハなのかと言えば…





  全然 収益がなくて(−_−;)トホホ
  (でも一回だけ5万ほど利益はあったのですが…)


正直、始める前は
「毎月数十万円が入ってくる」予定でした(笑)

というか、初利益の約5万が入った時、
実は本当ならその時、12万くらいは入る予定のモノだったんです。

ところが振り込んでくれる相手(ビジネスパートナー)が
直前になって、約束していたことと違うことを言いだして…。

 (具体的な内容は、セミナー主催者との約束で
  話せないので 曖昧な表現になってしまいますが)



このギャップ

  かなり落ち込んでいました

  それでも一部でも、お金が手に入ったのだから
       心から喜ぶべきなのでしょうが、

  正直なところ、セミナー費の元手も取れなかったし、
  振り込んでくれた相手(セミナー主催者ではありません)の方が、
  利益が入ってから2カ月も入金してくれなくて、
  あげくに直前になって、予定額の半額以下…。

  その人(ビジネスパートナー)にも事情があったのは
  多少わかるのですが、
  それまでに具体的に説明してくれたりとかなく、
  入金当日にFAXが来て、コチラはビックリ

  「どうしてこの額なんですか?」と聞いたら
  「それでも うちの利益はほとんどないんだぞっ!」
  みたいに逆ギレされて…

  まあね、本当にパートナーさんの純利益は
  少なかったのかもしれません。
  でも「逆ギレ」するあたりが、
    なんか隠してるから、ごまかそうとしてるのかな?
  とも感じたりして…
  (真相はわかりません。私の思い込みかも)

  ただ、こういう誠意の欠ける人と
  パートナーになるのはいやだなぁ〜
って
  私の心が閉じてしまったんですよね(><)



そういうときに

  「お金を稼ぐマインドセットがないからだ!」
  とつくづく悟りました。

そのパートナーさんが悪いというより
そういう人と組むということも、
自分たちがその程度のレベルだからだ


ということなんだと思ったんですよね。



もともとセミナーに出た当初は、
  なんとか稼ぎたいという
明確なモチベーションがあったので、
毎日のように、本を読みはじめたのですが

以来、お金に対するレベルを上げるためにも
さまざまな成功本・自己啓発本などを
読み続けているわけです。。。



最近では、読むこと自体が習慣になってきたので
    しゃにむにお金を挽回しよう!
とか焦って読んでいるわけではなく、
自分の楽しみ一環として読んでいます。




それで、余談なのですが
読みながら…
あ、私 読書って実は好きだったんだ
と30ン歳にして初めて気づきました。

  夫と読むスピードを比較すると、
  私はすごく速読のようです。
  世間一般的には、どのくらいのペースなのかよく知りませんが、
  おかげでたいていの本は(軽い本ですが)一日で読めます。

  基本的には図書館で借りてくるのがほとんどです
  


実際、ほぼ毎日1冊読むようになって、
以前のように
  お金のことでイライラ
することはなくなりました。


一冊一冊から
本当にさまざまな学びがあります。
自分の思考の選択肢が増えた気がするんです。

  「思考は現実を作る」といいますが、
  本からの刺激のおかげで、
  借金ばかりに目がいかなくなったのかもしれません。


ビジネス(副業)については、
やはりたくさん本を読んでみて
成功者で、一度も失敗したことがない人はいない!
ということを知って、
こういうパートナーさんとの出会いも
ある意味勉強だったのかな?
と思います。


またセミナーじたいも、お金は戻りませんが
いろいろ役に立つ知識も学べたし、
それを使ってこれから生かすことも、可能なので
自己投資として必要だったのかもしれないな…
と思うようになりました

  もちろん差引10万の損失なので、
  ちょっと惜しかったな…
て気持ちは残りますが


  余談ですが今も、そのセミナーの主催者の方とは
  お付き合いしていますし、
  (ありがちな「ぼったくり」ではありません)
  セミナー費以外の初期投資は、1万くらいなので、
  新しいビジネスパートナーを探せば、
  最初のセミナー費など挽回できることなのです。

  ただ私が今、誠意のあるビジネスパートナーを再び開拓しよう!
  という情熱より
  「家計簿」や「開運」に意識が向いてるので、
  行動が起こせないままになっています。

  (まだまだ自分に甘いんですよね…)



話がそれてしまったのですが、
結論は、ともかく本を読むといいですよ!
ということがお話ししたかったのです…。




  今日は本当に長文になってしまって、ゴメンナサイm(__)m

借金に対して、前向きになれるようになったのも
本との出会いが大きいと思っています。


お金に対して どうつきあったらいいか…
私自身もまだまだ、学びの途上ではありますが、
影響を受けた本についても、少しですがコチラで紹介しています。



ここまで最後まで読んで下さった皆さん、
本当にありがとうございます。

無謀で計画性のないこんな恥ずかしい私ですが、
このブログを書くことをきっかけに、
着実に借金を減らすことができています。

初めてこのブログをご覧になったあなたに
引き続き、読んでいただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお付き合いくださいね(^v^)♪


  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ      人気ブログランキングへ 
   ↑            ↑
 応援が励みになります!ありがとうございます



| はじめてご覧になる方へ | 01:56 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |